Japanese English
What's New 学会について 賛助会員一覧 お知らせ 学会誌バックナンバー 学会賞 リンク集
特別講演会 国内会議(NCCG) 討論会 国際会議・関連研究会 講義録・講演録 各手続き(入会等) 事務局
トップページに戻る

2018年度日本結晶成長学会賞公募会告
第13回業績賞および赤﨑 勇賞・第35回論文賞・第25回技術賞・第16回奨励賞

  • 日本結晶成長学会は、下記の学会賞受賞者を公募いたします。
  • 会員各位の他薦または自薦の応募をお願いいたします。
  • 授賞日は、第47回結晶成長国内会議(JCCG-47、2018/10/31〜11/2、仙台市)の会期中となります。

推薦・応募の締切

  • 2018年5月18日(金)正午必着

各賞の概要

業績賞および赤ア勇賞 論文賞 技術賞 奨励賞
主旨 「業績賞」は、人工結晶工学会と日本結晶成長学会の統合を機会に、本学会の最高位の賞として結晶成長学もしくは日本結晶成長学会の発展に顕著な業績をあげた研究者・技術者(個人)の功績をたたえるために創設された。本賞は、当該研究分野において飛躍的な発展を遂げ、他の研究分野にまで影響を及ぼした研究・開発業績を対象とする。
また、第5回より赤ア 勇先生の京都賞賞金のご寄付を基に、「赤ア 勇賞」を併設して賞状と賞金を授与している。
内外の権威ある学術雑誌などに印刷公表された原著研究論文、総合論文および解説等の研究論文の中で、特に結晶成長学の発展に貢献した優れた論文の会員著者(個人又はグループ)に授与する。
実際の結晶成長に従事し、結晶成長技術の進展に功績のある会員(個人又はグループ)に授与する。 内外の権威ある学術雑誌などに発表された原著論文の第一著者が、当該年の4月1日現在で満37歳以下であり、その論文が注目され、将来結晶成長学の進歩発展への貢献が大いに期待されると認められる会員(個人)に授与する。
推薦 他薦・自薦 他薦・自薦 他薦・自薦 他薦・自薦
応募資格 個人 個人またはグループ 個人またはグループ 個人
非会員可 会員(会費完納者)であること。共著者に非会員が含まれることは差し支えないが、非会員共著者には授賞されない。 会員(会費完納者)であること。 会員(会費完納者)であること。
追加条件 候補論文は内外の権威ある学術雑誌などに掲載されたものとする。シリーズとして何回かにわたって発表されたものでも良いが、その場合でも主論文を明記すること。また、そのシリーズ全部に共通の著者のみを受賞資格者とする。 候補論文は内外の権威ある学術雑誌などに掲載されたものとする。また、対象者は第一著者のみで、受賞年の4月1日現在において満37歳以下であることとする。
提出書類 (1)申請書
(2)推薦理由書
(1)申請書
(2)推薦理由書
(3)審査用資料
(1)申請書
(2)推薦理由書
(3)審査用資料
(1)申請書
(2)推薦理由書
(3)審査用資料
過去の
受賞者
受賞者一覧 受賞者一覧 受賞者一覧 受賞者一覧

応募方法

第13回業績賞
および赤ア勇賞
第35回論文賞 第25回技術賞 第16回奨励賞
提出書類 (1)申請書 (1)申請書 (1)申請書 (1)申請書
(2)推薦理由書 (2)推薦理由書 (2)推薦理由書 (2)推薦理由書
  (3)審査用資料(A4)
・当該論文のコピー
(3)審査用資料(A4)
・参考資料(論文、解説記事、学会発表、特許、製品紹介記事、新聞記事など)
(3)審査用資料(A4)
・当該論文のコピー
提出部数 8部 8部 8部 8部
応募方法 【STEP 1】
(1)申請書 および (2)推薦理由書 を事務局(jimukyoku@jacg.jp)までメールで送付してください。
・件名は「〇〇賞 応募書類」としてください。
・3日以内に返信がない場合はお問合せ下さい。
・ファイルは、PDFに変換してご提出ください。
【STEP 2】
事務局から、電子ファイル受領および書類送付の連絡が入りましたら
・業績賞は(1)申請書、(2)推薦理由書、
・その他各賞は(1)申請書、(2)推薦理由書(両面印刷)、(3)審査用資料
 以上の順に資料を並べて左上をホッチキス止めした資料8セットを事務局へ郵送してください。
 上記以外の資料等は同封しないでください。
・封筒の表には「学会賞応募書類在中」と明記し、配達が証明できる方法(レターパック、ゆうパック、
 宅配便等)で提出してください。
2018年5月18日(金)正午まで必着のこと。
・応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。
郵送先 〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4号
 大阪駅前第4ビル9階 923−1125号
 株式会社ポラリス・セクレタリーズ・オフィス内
 日本結晶成長学会事務局